結婚に向いている時期

男女ともに、結婚適齢期という言葉を聞いたことはあるでしょう。

結婚適齢期というのは、その文字のとおり、結婚するのに適している年齢、ということです。

男性なら、20代後半から40代、女性なら20代前半から30代前半、といったところでしょうか。

女性のほうが若干早めに適齢期がきてしまいますね。

お見合いパーティーなどでは、一般的に男性は年下の女性、女性は年上の男性を選ぶことが多いそうです。

若い女性が30代以上の大人の男性を選ぶ一方、男性はどの年齢であっても20代の女性を選ぶため、30代の女性がそのようなパーティーに行っても余りがち、という話もよく聞きますね。

しかし、すべての場合においてそうであるかというと、実はそうでもありません。

女性のほうがかなり年上のカップルもいますし、30代になっても40代になってもモテる女性というのも存在しています。

出会い方やその後の付き合いによっては、適齢期を過ぎていても結婚のチャンスはあるのです。

男性に関しては、かたくなに若い女性を求める人がいることも事実です。

29歳と30歳では1歳しか違わないのですが、それでも20代の女性のほうが絶対にいい!と思っていることもあります。

危険なのは、若いときには美人だったり可愛かったり、アダルト動画に出てくるようなセクシーな女性だったとしても、油断しているうちにどんどん歳をとり、プライドばかり高くて誰にも相手にされない、というパターンです。

よりより結婚相手を、と選んでいるうちに、自分の旬が過ぎてしまったというわけですね。

そうならないためにも、適当なところで手を打つというのも大切なことです。

自分の結婚適齢期で、アプローチしてくる異性がいるのであれば、結婚を考えてみてもいいのではないでしょうか。

◎ あなたの結婚適齢期を鑑定します!